得する?損する?24時間換気システムは本当に必要なシステムなのか

公開日:2022/06/15

24時間換気システムは2003年からの住宅には義務付けられていますが「なぜ必要なのか」考えたことはありますか?本記事では24時間システムが義務付けられている理由と、自宅に最適な24時間換気システムを紹介します。換気システム別のメリット・デメリットについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

24時間換気システムは義務付けられている

24時間換気システムとは

24時間換気システムとは、常時換気システムを稼働し、綺麗な空気を部屋の中に満たすための装置です。2003年から建築基準法によって、24時間換気システムの義務化が決まり、2003年以降の住宅には24時間換気システムが取り付けられています。24時間換気システムの義務化が可決した理由には、現在の住宅に使われる建材や家具などによる有害物質の影響があります。

一昔前までは建具や建材は障子やふすま、畳など人体への影響が少ないものが多かったのですが、現在の建具や建材である壁紙やクロス糊などには有害物質が含まれておりこの物質が「シックハウス症候群」という病気を発祥させてしまうのです。シックハウス症候群の予防に効果的なのは換気をすることであるため、現在の住宅には24時間換気システムの導入がなされているのです。

24時間換気システムの基準

24時間換気システムの基準には「室内の空気が1時間に半分以上入れ替わること」が定められています。24時間換気システムでは室内のCO2や、建材や建具に含まれる有害物質、ハウスダスト、ダニ、アレルゲンなどを排気するほか、カビの予防にも繋がります。

自宅に最適な換気システムを選ぼう

第一種換気

第一種換気とは、給気口と排気口の両方に機械を設置し強制的に換気を行います。空気の循環を強制的に行うことから、換気管理能力は優秀です。しかし給気口・排気口の両方に機械を設置し稼働させるため、電気代や設置費用が高くなるデメリットもあります。

第二種換気

第二種換気は、給気口に機械を設置し、排気口には設置しないタイプの換気方法です。強制的に空気を取り込むことで室内の気圧を高め、ドアを開けた際に内部から外部に向けて空気が押し出されることで、外部のホコリや塵が侵入するのを防ぎます。しかしこの換気方法は室内に湿気が溜まりやすく、壁内結露が発生しやすいことから一般的な住宅には使われていません。第二種換気は主に病院の無菌室や工場のクリーンルームなどに使用されています。

第三種換気

第三種換気は第二種換気とは反対に、排気口のみに機械を設置する方法です。一戸建て住宅やマンションなどに多く採用されており、広く普及している換気方法といえるでしょう。第三種換気は湿気が室内に溜まりにくく、第一種換気に比べてコストが抑えられる特徴がありますが、外の空気は自然に入るしかないため、給気の気温が操作できず「夏は暑く。冬は寒い」というデメリットもあります。

換気システムのメリット・デメリット

前の見出しでは換気システムの種類について解説しました。ここからは換気システムのメリット・デメリットについて解説します(なお第二種換気については一般的な住宅には使われていないため、ここで解説は行いません)。

第一種換気のメリット・デメリット

・第一種換気のメリット…第一種換気のメリットは熱交換システムを利用できることです。第一種換気では給気口にも機械が付いているため、外気を温めたり冷やしたりしてから空気を取り込むことができます。

・第一種換気のデメリット…第一種換気のデメリットは設備やランニングコストが高くつきます。また建物全体で換気を行うため、初期費用も高くなることが多いです。

第三種換気のメリット・デメリット

・第三種換気のメリット…第三種換気のメリットは第一種換気に比べて費用が安く済むことです。また第一種換気に必要なフィルターの掃除やメンテンナンスの費用・時間も抑えられます。

・第三種換気のデメリット…第三種換気のデメリットは排気したときの熱損失が大きいことです。第一種換気では廃棄する空気から熱を取り出し再利用していますが、第三種換気では熱を再利用することが出来ません。そのため寒い地域では暖房費が高くなってしまうことがあります。

換気の効率を上げるには

換気効率をあげるためには、空気を効率的に交換できるよう、住宅の気密性を確保することが大切です。気密性の低い家では24時間換気システムの特徴を上手く利用することができず無駄に電気代がかかってしまいます。また気密性を高めることで、部屋の隅の空気の流れが良くなりカビの発生を防ぎ、ホコリ溜まりを解消することが可能です。

 

今回は24時間換気システムが義務付けられている理由と換気システムの種類について紹介しました。24時間換気システムは設置が義務付けられているため、付けないという選択肢はありませんが、種類を知っておくことでどちらかを選ぶことはできます。住宅を選ぶ際にはぜひ24時間換気システムにも注目してみてください。

【いわき市】おすすめの注文住宅メーカー5選

イメージ
会社名アエラホーム いわき店タマホーム一条工務店レオハウス桧家住宅
特徴外張りW断熱と徹底した気密処理で冷暖房ロスの少ない快適な住まいを実現こだわりの国産材で建てる長期優良住宅の高品質な住宅がローコストで手に入るあらゆる災害に強い高性能な住宅でいつまでも安心できる暮らしが手に入る耐震×制震工法で完全自由設計ながら地震に強い家がつくれる新時代冷暖房の「Z空調」で室温をキープ。エコでいて快適な暮らしに
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【いわき市】おすすめ注文住宅メーカー!