注文住宅と建売住宅は何が違う?双方のメリット・デメリットを理解しよう!

公開日:2022/11/15


念願のマイホームを手に入れたいけれど、注文住宅と建売住宅はどちらがよいのか迷ってしまう方も多いでしょう。注文住宅、建売住宅のメリット・デメリットを理解した上で選択したいものです。そこで今回は、注文住宅と建売住宅のメリット・デメリット、どちらを購入するのがおすすめなのかをご紹介していきます。

注文住宅を購入するメリット・デメリット

まず、注文住宅を購入するメリット・デメリットをご紹介します。

注文住宅のメリット

注文住宅のメリットですが、一番大きいのは設計に対する自由度が高いことです。住みたい土地や家の構造、間取り、デザインに至るまで希望を最大限に反映させられるため、注文住宅では満足度が得られやすいといえます。デザインに対するこだわりが強い方、家が完成するまでの工程を自分で確認したい方にとっては、注文住宅を作る工程も楽しみとなり、できあがった家に対する愛着もひとしおでしょう。

注文住宅のデメリット

一方で、土地の選択から設計、間取りまでのすべてを自分で決めなければならないのがデメリットです。希望を何もかも反映すると、最終的な金額が想像以上に高くなってしまう可能性もあります。地盤や配管などの関係から、当初の見積もりと変更する部分が出てくる場面もあり、完成時の価格が最後まで決まらないことも。

注文住宅を建てる場合は、土地と建物のローンを別々に組まなければならなくなるという面もあります。金銭面に余裕がないと不安になってしまう方もいるでしょう。家を完成させるまでの打ち合わせも多くなること、手間と時間を取られることもデメリットといえます。すぐに入居したい方にとっては、完成までにかかる時間の長さは気になるところかもしれません。

建売住宅を購入するメリット・デメリット

次に建売住宅のメリット・デメリットを確認していきましょう。建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されている住宅のことです。建築済みで売りに出されるものから、建設前や建設途中で販売されるものがありますが、どちらにしても間取りや大まかな仕様はほぼ決まっている状態となります。

建売住宅のメリット

建売住宅のメリットとして、ほぼ完成している住宅をそのまま購入するため、入居までの時間が注文住宅に比べて早いといえます。予算に関しても、土地と建物がセットになっているため料金が分かりやすく、ローンもひとつで済むため、注文住宅と比べて楽といえるでしょう。建売住宅は多くの分譲住宅を販売するため、会社で独自のネットワークを持っていることがほとんどです。注文住宅と比べて、建売住宅のほうが好立地である場合が多いこともあります。

建売住宅のメリット

一方、建売住宅のデメリットとしては、同じ建て方の住宅がほかにもあるため、独自性の高い自宅を希望する人にとっては満足度が低くなることが挙げられます。運よく、自分の希望に完全にマッチする建売住宅が販売されていればよいですが、何かしら妥協が必要になることもあるでしょう。

また、完成してから売りに出されている建売住宅だと、不動産会社をはじめとする多くの見学者が訪れています。そのため、住宅の間取りを不特定多数の人に知られてしまうということに。プライバシーやセキュリティーを重要視する方にとってはかなりのデメリットとなります。加えて、すでに建物が完成された状態で売りに出されることが多い建売住宅では、土地の耐震性や耐久性などの状態を見極めるのが難しいでしょう。安全な建売住宅を手に入れるためには、業者の安全性もチェックする必要があるのです。

結局、注文住宅と建売住宅どちらを購入するのがおすすめ?

ここまで注文住宅と建売住宅のメリット、デメリットを見てきましたが、結局どちらを購入するのがおすすめなのでしょうか。

結論からいうと「重視する部分によってどちらがよいかは違う」ということになります。住宅に関するこだわりや理想を重視する方は注文住宅、コストや手間を省きたい方は建売住宅がおすすめといえるでしょう。

注文住宅は、自宅や土地に対する明確なビジョンや理想があり、そのためなら時間、お金、手間をいとわないという方に向いています。理想が明確にあるにも関わらず、建売住宅で妥協してしまうと、その後の長い人生で後悔を引きずることになりかねません。しっかりと時間や手間をかけて、丁寧な打ち合わせをすることが大事になってくるでしょう。

一方、自宅は欲しいけれど、それ程のこだわりはなくエリアや価格、スピードを重視する方は建売住宅の方が適しているといえます。あまりこだわりがないのに、打ち合わせが多かったり、施工に時間がかかったりすることで逆にストレスとなる可能性も。注文住宅、建売住宅、それぞれのメリット、デメリットがあるため、自分や家族の希望をはっきりさせてから住宅の選択をすることが大切です。

まとめ

注文住宅のメリットは設計に対する自由度が高く、希望を反映させやすいことです。一方、デメリットは時間や手間がかかること、金額が決まりにくい、ローンがふたつになるなどが挙げられます。建売住宅のメリットは手間や時間がかからず、入居までが早いことや金銭面がわかりやすいことです。デメリットとしては、ほぼ完成されているため、自分の細かい希望は反映されにくい、多くの人に間取りを知られてしまう不安や土地の安全性の見極めが困難といったことでしょう。注文住宅と建売住宅のどちらがおすすめかというのはその人によって異なり、一概にはいえません。理想やこだわりを重視する方は注文住宅、手間やコスト、スピード感を重視する方には建売住宅の方が適しているといえます。話し合いをすることで、希望条件に合った理想の自宅を手に入れましょう。

【いわき市】おすすめの注文住宅メーカー5選

イメージ
会社名アエラホーム いわき店タマホーム一条工務店レオハウス桧家住宅
特徴外張りW断熱と徹底した気密処理で冷暖房ロスの少ない快適な住まいを実現こだわりの国産材で建てる長期優良住宅の高品質な住宅がローコストで手に入るあらゆる災害に強い高性能な住宅でいつまでも安心できる暮らしが手に入る耐震×制震工法で完全自由設計ながら地震に強い家がつくれる新時代冷暖房の「Z空調」で室温をキープ。エコでいて快適な暮らしに
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【いわき市】おすすめ注文住宅メーカー!